方丈記をなぞる

 うう、言いたくないけど暑い。
暑くて布に触る気力もドール遊びする気力もぷちサンを
出す気力も起きません。。。
夏が来るごとに暑さが増している気がするなぁ。


 先日購入した『なぞり書きで楽しむ 文豪の名作』があまりに
楽しそうなので始めるのがもったいなくなり同じ出版社から
出ているシリーズを全部買いました(相変わらずバカ)。

 まずこれなら惜しげなく始められるだろうということで
最初に始めたのは鴨長明の『方丈記』

houjouki1.jpg
 『枕草子』、『徒然草』と並ぶ日本古典随筆の名作です。
学生の頃は古典って苦手だったんですよね。

houjouki2.jpg
 ところが始めてみるとこれが楽しくて仕方がない。
作品を楽しむために濃い字で印刷されたページのあとに
なぞり書き用の薄く印刷されたページがあるのですが
難しい語句のところには注釈があるし、文字も難しい字は
優しく書き換えてあります。あとはちょっとした美文字のコツとか。
 画像はもうなぞったあとのものなのですがこれが意外と難しい。
私は万年筆でなぞっているのですがいろいろなペン先を試しながら
どのペンはどんな書き具合か書き癖などを変えながら書いています。
 注釈のおかげであらかたの文章は理解できるので理解したうえで
なぞりなぞりするのがメチャ楽しいです。

 もともと日本文学が好きなのでこれは良い本だと思います。
悪筆矯正にもなるかなと思うのですがこれはなかなか難しい。
なぞっているときは綺麗に見えても実際に自分でさらの紙に
字を書くと字が汚いの実感します、特に仕事の時とか。
今からでも遅くないのかペン習字。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチっとしていただけると励みになりますありがとうございました


最後の買い物

 関東も梅雨明けしたみたいですね。
猛暑が続くみたいで連休明けに会社へ行くことを考えると
暑さにゲンナリします。

 池袋西武に入っている書店・リブロが明日の20日をもって
テナント撤退(閉店)ということで、これは最後に何か買っておかなければと
変な使命感に燃えて買い物に行ってきました。
本当は「池袋ウエストゲートパーク」の新刊が欲しかったんだけど
まだ文庫化されていないみたいなので別な本を買ってきました。

bosei.jpg
 なんとなく目に留まって面白そうなので選んだ湊かなえさんの『母性』。
湊かなえさんの本は『告白』は読みました。面白かったけれど
あまりに救いのない内容でちょっと暗~くなってしまいました。
こちらもなんか暗そうですがなんかこういう本好きなのかな、私。

wagaya_no_mondai.jpg
 「ナツイチ」のコーナーを見ていて目に留まった奥田英朗さんの
『我が家の問題』。こちらは家族をテーマにした短編集です。
奥田さんは『最悪』という作品を読みたいのですがまだブックオフで
100均一にならないので我慢しています。あと新聞の連載小説だった
『沈黙の町で』も奥田さんだったのですね。連載されたとき面白そうだったので
こちらの本も文庫化されたら読んでみたいものです。
今回はたまたま選んだのですがまたナツイチしおりをもらいました。

 それにしても池袋西武のリブロがなくなってしまうと不便です。
ジュンク堂もありますけれどちょっと遠いし。。。
いまは西武の9階に三省堂が小スペースで入店しているので
リブロのあとに三省堂がガッツリ入ってくれると便利なんですがね。

 本屋さん、行かないようで結構行っているのでリブロ跡に
大きな書店が入ってくれるのを切に願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございました


おまけ目当てで

 今日から3連休、って去年まではこんなこと書けなかったんだなぁ。
土曜日も出勤だったから指くわえて羨ましがってるだけでした。
生活スタイルも去年より全然向上してのんびり過ごしております。

 新潮社、角川書店、集英社で行っている夏の文庫本イベント。
角川では石田衣良さんの本を買ってオリジナルブックカバーをもらいました。
集英社の「ナツイチ」キャンペーンではオリジナルのシリコンしおりを
プレゼントしています。このしおりが欲しくて対象本の中から面白そうなのを
選んで買ってみました。

natsuichi.jpg

 全然知らない作家さんの本なのですが「ナツイチ」の紹介文を
見たら面白そうなので選んでみました。
内容はちょっと暗そうですが人間ドラマ的な作品は結構好きです。
しおりはレジで散々悩んだあげく好きな色の赤にしました。

 このしおりはシリコンで出来ていて本から滑り落ちないというのが
売りみたいなんですがちょっと厚みがあって使っていると本が
変形してしまいそうなのでせっかくもらったけど使わなさそうです。

 読書も楽しいです、最近は結構読んでいます。
読みたいと思っている本はあらかた購入して積読本になっているので
こちらもホビーラのキット同様消化しないといけないですね。


拍手コメントお返事です。
N様
いつもありがとうございます、ブログ更新やキット作成の励みになります。
ティータイムのステッチクロス、確かに苦行でした。基本的にモチーフは
一緒だし色数も少ないしで私も途中で投げ出したくなりました。
でも出来上がりはなかなか上品なので思い立ったら作成してみてください。
ガーデニングのタペストリーは楽しく作成中です♪


ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございました


本屋をはしご

 昨日の話ですが吉祥寺にライブ観に行ってきました。
開場より2時間くらい早く着いたので本屋漁りです。

 まずは普通の本屋さんで定価で買いました。
bokks1.jpg
  カドフェスの対象になっていた石田衣良さんの『約束』と
別の出版社ですがシリーズで読んでいる『池袋ウエストゲートパーク』の
番外編を購入。『IWGP』はシリーズ新作も出ているらしいのですが
置いていなかったので買えませんでした、このシリーズは
早く読みたいので定価で買ってもいいです。

 『約束』は夏のブックフェアに参加したかったと
石田衣良さんの作品ということで買ってみました。
カドフェスの特典で「かまわぬ」ブックカバーをもらいました。
一瞬ウケ狙いで「艦これ」のを貰おうか悩んだのですが
「艦これ」は知らないのと理性が打ち勝って止めときました。


 その次はお約束のブックオフへ。
ブックオフでは100均一本狙いなのですが先月15冊くらい
買ったのでもう買うのないかなと思いつつ、ブラブラしていると
案外読みたいものが出てくるものです。

bokks2.jpg
 結局上記4点を購入、また石田衣良作品を買ってしまった。
あと今更ながら『偉大なギャツビー』(うーん、このタイトル
原題の訳ままだけどなんか違和感。私の中では『華麗なるギャツビー』
もしくは『グレート・ギャツビー』なんだな)。
流行りものも好きですけどこういういわゆる「名作」と
いうのも好きです。

 本をほとんど読まない時期というのがあってその期間
もったいなかったなと思いながらいまその期間を取り戻すべく
いろいろ買い漁っている感もあり(^^;

 これらの戦利品を持ってライブ会場に向かったのでした。
ライブではプログレ分をしっかり補充してきました。
またお仕事頑張ります!


ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございました


読みたい本と読み直し本

 今度ブックオフに行ったら見てみようと思っていたのに
昨日行ったらすっかり見てくるのを忘れました。

 島田雅彦さんのコーナーを見てこようと思ったんですよね。
ドラマの原案にもなった『自由死刑』という本を探そうと思って。
家に帰ってきてから思い出しました、『夢遊王国のための音楽』も読みたいな。

 昨日買った『マリア様がみてる』の裏表紙の中折れ部分を見ていたら
このシリーズ長いんですね~、私は主人公が2年生に進級したところで
読むのを一度中断してしまったので今また読み直しているんですが
全部読むのにどのくらいかかるのかとちょっと気が遠くなってきました。
しかしリアル中高生のときなんかコバルトシリーズなんて全然
読まなかったのに今頃こんなの読み出すなんて一体どういうことなんでしょう。

 『マリみて』はまだ活字が大きいからいいんだけど、同じく読み直している
サラ・パレツキーのV・I・ウォーショースキーのシリーズは字が小さくて
読むのも時間がかかります。そしてこのシリーズ、回を追うごとに
ページ数が増えていって本が分厚くなる~(^^;
『バースディ・ブルー』なんかは「上下巻に分けてくれ~」って思うくらいで
ここから読むのを中断してしまいました。。。

 『マリみて』もV・I・ウォーショースキーのシリーズも読むのを中断してから
もう随分経ってしまって内容を忘れてしまっているので読み直しているんですが
こうやって考えると新しい本を買わなくても家には結構本があるなぁと思うのでした。
チキオさんが買って読んでいた『とある魔術の禁書目録』も読み始めてしまったので
シリーズものの深みにはまりそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっと押していただけると励みになりますありがとうございました


終わりかよっ!!

 ちょっと前に書いたけど、週刊でキティちゃんのドールハウスが組み立てられる本、
4号出たところで休刊です(大爆)!!

 暑い中、電車賃がもったいないので中野まで自転車こいで本屋へ
行って4号受け取ってきました。レジでお金払う前に中身をパラパラ見ていたら
中に休刊お知らせの紙が挟み込まれている、もう目が点
放置したら作らなくなると思ってチマチマ始めてたのになぁ。

 本を送り返さなくても本に付いていた連続購読特典応募券を送れば
創刊号から4号までの代金は返却してくれるみたいだけれどなんかガッカリ。
ちょっと楽しみにしていたのになぁ。


王子辞典

 今朝のテレビでチラッと見ただけですが、『王子辞典』なる本が出版されているそうです。
昨今の王子ブームより前に出た本らしいので、まぁハンカチは出ているとしても
ハニカミは出てないでしょう。

 紹介した番組のどなたかが何とか王子としてその本に出ていると話になっていましたが、
私が気になったのはその隣のページ。
なんと「ニットの貴公子」広瀬光治さんが載っていました~
この方が載っているなんてね~、ビックリ。「ニットの王子さま」とか 言われたことは
ないからねぇ。貴公子も王子のうち?

 ということはジャパニーズプログレッシブロックの貴公子と言われ難波波弘之さんも
出ているんだろうか?ととっても気になったよ。

 それにしてもお2人とも50歳にはなっているはずだが。。。王子。。。

 他にどんな人が出ているのか中身を見たくなりました。


ホーム | 次のページ»