fc2ブログ

コットンショップのタペストリー

 5月も今日で終わりです、早いなぁ。
昼間、手芸友達とちょっと電話で話をしていたときに、ふと
「そういえば手編師範の認定証はどこにしまったかな?」と気になり
どこにしまったか思い出せずになかなか発見出来なかったのですが
結局こんなところに置いてあったか、というところにあって取りあえず安心。
それにしてもそんな大事なものなくすなよ、って感じですね。 orz


 ホワイトキルトのベースティングが終わって絶賛キルティング中。
なので恒例のホビーラ過去作品のご紹介。

今日は1995年の年間コレクションのコットンショップです。

cottonshop-full.jpg
 前回紹介したカントリーショップを上回るパーツの細かさ。
さながらパッチワーク版ドールハウスというべきなんでしょうか?
その緻密さには脱帽、細かいところすごく凝ってマス。
しかしこれは完成までに3年位掛かりました。
当時、仕事の忙しさにまけちょっと作っては放っておきというのを繰り返し。
よくパーツや型紙をなくさなかったものです。
良く見ると入り口部分の上と下の幅が違います、その辺はご愛敬ということで。

cottonshop-up1.jpg
 左側ウィンドウ部分
ハートのタペストリーはハート型をくりぬいた布に柄布をあて
周りをステッチ。その上からオーガンジーをかけるという
凝ったもの。これだけでもかなり疲労感が。

cottonshop-up2.jpg
 中央コットン棚部分
この部分の細かさには本当に泣けてきました。縫っても縫っても
終わらない、その作業に気の遠くなる思いが。
1番下の巻いてあるボードを表現しているのは3㎜のサテンリボン。
そこからこの部分のサイズを想像してみて下さい、めまいがしてきます(笑)

cottonshop-up3.jpg
 右側ウィンドウ部分
ハートのオーナメント…ハート型のアップリケをし、刺しゅう糸を
リボン結びにして留めてあります。
キルト…ちゃんとパッチワークをしてその後にアップリケ
バッグ…持ち手は三つ折りにして下の方だけ留めています
ビーズ…ちゃんと厚紙に本物のビーズを縫いつけています

そしてやっと完成、ホントにホントによく投げ出さなかったものだとつくずく思います...


 「1995年」と言い切ったのは資料として持っているホビーラの
昔のカタログに載っていたから、こちらは8月配布分です。
この頃は年間コレクションも2ヶ月毎の発売だったんですよね。
ちなみに年間予約すると今年のシーズンタペのように木製スタンドが付属したようです。

 ブログに載せるために前に管理していたサイトのデータや
ホビーラの昔のカタログを見ていたら1993年頃のキットから
持っていたりするんですよね(^^;
なんだかいろいろと作りたくなってきちゃいました、
貯めキットになっている昔のホビーラキット(最近のもねw)。
キットおたくなので見てるだけでも楽しいんですけどね、やっぱり作ってなんぼだわ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
↑ポチッと応援していただけると喜びますありがとうございました



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»