ジークレフ:雲南 春摘み

 昨日会社でブログの下書きをしようと思ったら仕事を振られてしまいました。
午前中すごく眠かったので午前中にやってしまえばよかった。
というその前に、会社でブログの下書きするなって
でも他にすることないの。。。

 ジークレフの16周年ミルクティーパーフェクトセットを注文してみました。
アッサム3種、ダージリンSF2種、ディンブラ、ニルギリ、雲南春摘み各1と8種入りです。
この中でディンブラと雲南は飲んだ事がないのでまずは中国系紅茶の雲南から開封。

ジークレフの説明:お茶の原産地で生産されたエキゾチックな風味の紅茶です。

 エキゾチィーーーーック・ジャパン! じゃなくてチャイナか(^^ゞ

yunnan.jpg
茶葉には金芽が結構含まれています。
ジークレフさんの推奨は茶葉2gに熱湯150ccで3分ということだったのでそれで淹れてみる。

 エキゾチックな風味ということで何となくドキドキしていたんだけれど
ごく普通の「中国茶」な感じ、なんか木の香りっていうか。
お茶自体は甘みがあるけどちょっと中国茶風な香りが紅茶感を薄める感じ。

 ストレートで何口か飲んだ後、結局ミルクを足してミルクティーにしてしまいましたが
中国茶系な香りは変わらずです。渋味はないのでミルクティーにするには
もうすこし抽出時間を長くしてもいいかな?って感じました。

 言い訳ではありませんがずっと昔から紅茶党、とはいってもティーバッグ専門。
茶葉から淹れるのに目覚めたのは今年の正月明けからなので
こうやってレビューを書いていても当てにならないかもです
(要は嗅覚・味覚に自身がない)pen0_19.gif
でも素人レビューもなんかの参考になるかと思ってこれからも
飲んだ紅茶の感想なんかは懲りずに書いていくつもりです。


で、ジークレフさんについて個人的な追記です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっと押していただけると励みになりますありがとうございました


 吉祥寺はユザワヤがあった関係でちょこちょこと行く機会があり
ジークレフさんという紅茶屋さんは結構以前から知っていました。
解散しても私が未だに愛して止まないニューエイジ系バンド、G-CLEFと
ハイフンがあるかないかの違いだけの店名にインパクトを受けたのと
「ここのオーナーさんはGのファンなんだろうか?」と思ったくらい印象に残りました。
ちなみに「ジークレフ」とは音楽のト音記号の別称(正式名?)です。
 バンドの方のG-CLEFを愛しすぎる程愛しているのでどうもこちらの
紅茶屋さんのジークレフさんをGclefさんと表記する事がためらわれるので
紅茶のジークレフさんは私はカタカナ表記にさせていただきます。
たんなる私のこだわりなのですがジークレフさんも公式サイトでは
カタカナ表記になっているからいいですよね。 



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»