リラックマ たまごキッチン その2

 昨日に続いて「たまごキッチン」の残りを紹介します。

5.ふんわりたまごワッフル
tamago_kitchen5.jpg
個人的に一番欲しかったのがこれです。
これ欲しさに箱買いしたと言っても過言ではない!

なぜそんなに欲しかったのか。
tamago_kitchen6.jpg
 このワッフルメーカー、ふたが開いて中にちゃんとクマ型ワッフルが入るんです。
こういうギミック(?)、オタク心をくすぐられます。

6.あつあつスコッチエッグ
tamago_kitchen7.jpg
 これはちょっと頑張ればなんか作れそうですね。
でも我が家では今の家に引っ越してきてから揚げ物をしたことがありません

7.たまご型カップケーキ
tamago_kitchen8.jpg
 このはかり、いいなぁ。

8.スペシャルオムライス
tamago_kitchen9.jpg
 たまご料理定番のオムライス、オムにクマの顔書いただけ、これなら出来る。
リラックマのフィギュア付、スプーンを持って「まだ~」な感じが可愛い。

 以上全種8点でした。
リラックマ、キイロイトリのフィギュアはついてましたけどコリラックマの
フィギュアは付いてませんでした、ちょっと残念。

 リーメントがキャラものコラボを出すようになってから初めて商品を買いました。
これはこれで可愛いし欲しいと思ったのでです。


 以下リーメントについて思うこと(ちょっと辛口)を書きますので
記事をたたみます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっと押していただけると励みになりますありがとうございました


 リーメントのぷちサンプルと出会った頃はちょうどドールを始めた頃なので
もう10年くらい前でしょうか。
その時は200円くらいでこんな精巧なミニチュアがおまけ付きお菓子として
販売されるなんてなんてすごいんだ、と思いました。

 その後もミニチュアの一大ブームが来て百貨店などで催されるイベントは
盛況だし、値段は250円になったりしても1セット内容点数が充実していたり
こんなに細かくてこの値段でいいの?と思うくらいの出来でした。
コンビニやスーパーや産直など以前のシリーズと重なるものもありましたが
欲しいものはなるべく箱買いするようにしていました。

 商品が出るペースが速くなってなかなか買えなくなってしまったのですが
私が欲しいと思って箱買いしたもの「フレンチ三ツ星レストラン」、
こちらはもう一箱350円になっていましたが内容が素晴らしく箱買いせずには
居られませんでした。そしてそれが私にとってはリーメント購入の最後になりました。

 以降はキャラものとのコラボ商品が続き、おもちゃ感がとても強くなり
値段も版権のせいもあるのでしょうが高い割には本当にいい時期のものを知っている
人から見たら製品の質も落ちているしで買わなくなってしまいました。

 1、2年前に3年ぶりのキャンディトイ復活ということで発売された
「幸せレシピ」も値段の割に(まぁ材料費も上がったんでしょうが)セット内容や
精巧さが欠けているような気がして、販売は楽しみにしていたんですが
結局買いませんでした。

 もう以前の質のリーメント商品は出ないんですかね。。。
やはり良い時代のものを知っていると今の商品に購買意欲は起こりません。
リーメントさん人気を追って出た後発のメガハウスさんももうミニチュアは
出していないようだし。
ミニチュア好きとしてはリーメントさんに頑張ってもらって
また以前のようなクォリティーの高いぷちサンプルを出してもらいたいものです。



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»