【ジークレフ】2012年 ダージリンSF・プッタボン農園DJ-233 SFTGFOP1 Hand Made

 ちょっと前まで「暑い~」とか言っていたのにちょっと寒くなってきました。
会社にいるとマジ寒いです。
そのせいか紅茶も消費量が増えてきました、特に休日。

 もう飲み終わってしまったのですが今回のお茶はジークレフさんの
ダージリンSF・プッタボン農園DJ-233 SFTGFOP1 Hand Made。
puttabong_dj233.jpg
 「丁寧に手揉みで仕上げられた」ということで茶葉は少し大きめ。

ジークレフさんの説明によると「フルーティーで優美な香気を漂わせる
たおやかな味わいの夏摘みです」とのこと。

 3gの茶葉を熱湯で5分間の抽出でいただきました。

 「たおやか」というだけあって香りは穏やかめ。淹れてすぐは少し渋味があります。
私は猫舌なので淹れたて熱々のままは飲めないので香りを楽しんで最初の
一口だけ飲んだら飲みやすい熱さになるまでしばらく放置なのですが
そうすると渋味は消えてまろやかな味わいに。

 ただあまり置きすぎてしまうと今度は苦みが出てきてしまいました。
いやな苦みではありませんがちょっとお茶請けが欲しいなと思っちゃいます。

 
 秋の夜長に紅茶を飲みながらレース編み、と優雅な時間を過ごしたいけど
寝られなくなると困るのでお茶タイムは早めに済ませます。
なんかさみしいなぁ(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっと押していただけると励みになりますありがとうございました



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»