朝日のような夕日をつれて 2014 凱旋公演

 昨晩は「朝日のような夕日をつれて 2014」の凱旋公演を
観に入ってきました。本当は福岡で千秋楽を向かえる予定だったのですが
急遽東京での再演が決まって凱旋公演になったようです。

 これでたぶん鴻上尚史さん・大高洋夫さん・小須田康人さんによる
「朝日のような夕日をつれて」は見納めになるだろうと思い
特に第三舞台の看板役者だった大高さんと小須田さんは
しっかり目に焼き付けておこうと気合いを入れて開演を待ちました。

 舞台が暗くなり最初の「朝日のような夕日をつれて僕は立ち続ける」の
下りからなんか目頭が熱くなってきてしまいました。

 内容は前回と変わりありませんがところどころ時事ネタをからませた
台詞変更があったりして笑わせてもらいました。
藤井隆さんはまた台詞忘れがあって他の役者さんからハタかれてましたw

 そして時間が進みラストの「朝日のような夕日をつれて僕は立ち続ける」の
下りでもなんかまた目頭が熱くなってちょっとウルウルしてきちゃいました。
あぁ、本当に終わりなんだ。

 カーテンコールも何度かありましたが、大高さんが「明日は2回あるんだよね、
もう帰りましょう」と言うまで拍手は鳴りやまずそこで役者さん達は
舞台裾に下がり公演は終了しました。

 これが最後と思っていますが鴻上さんの演出でまたいつかやるかもしれないですね。
でもその時はウラ山・大高、エス川・小須田ってことはまさかないでしょうから
再演があってももう見に行かないと思います。

 この連休は「朝日のような夕日をつれて 97」でもDVDで観ようかな、
チキオさんも観たがっているみたいだし(ちなみに松重豊さんが出ています)。

 ひとつ訂正
前回の「朝日~」の記事で第三舞台の初見を「リレイヤー3」と書いたのですが
本多劇場でやった最初の「リレイヤー」と勘違いしてました。
あの頃は舞台が終わって帰る時に役者さんが全員ホールに出てきてくれて
お見送りをしてくれたのに驚き感動しました、それが第三舞台を好きになった
きっかけでもあるのです。

 鴻上さんは作品を発表し続けるだろうし、大高さんや小須田さんは
他の舞台や(あまり出ませんが)テレビでも拝見できると思うので
まだまだこの3人の活躍には期待したいところです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ありがとうございました




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»