【ホビーラホビーレ】ベアのミニタペストリー

 午前中はちょっとのんびりして赤毛のアンの「恋人たちの小径」を
チクチク縫っていたりしました。やっとワンブロック縫い終わったので
読みかけで続きが気になっていた小説の読書に入りました。

 読んでいる本は映画化もされた『藁の楯』という小説です。
ちょっと厚めの文庫本でしたが面白くてスルスルと読んでしまいました。
そしてびっくりしたのはこの本の作者さんがマンガ「ビーバップ・ハイスクール」の
作者さんだったでことです(マンガ読んだことないけど)。
映画も大沢たかおさんとか藤原竜也さんとか私が好きな俳優さんが
出ているのでDVD借りてきて見てみようかな。

 で、苦しいときの過去作品頼み。

クリスマスも近いのでそれにちなんだものを。

bear_minitape1.jpg
ベアのミニタペストリー
発売:2004年9月頃
サイズ:約31㎝×26㎝

クリスマスタペストリーとは謳っていませんがクリスマスそのものですね。

bear_minitape2.jpg
サンタさんを楽しみに待って眠るクマちゃん。
布団はパッチワーク後アップリケ、クマ本体はフェルトのアップリケです。
本当はクマの顔に綿を少し入れてふっくら感を出さないと
いけなかったんだけれどもすっかり忘れていました。
ボンドで仮留めしていたので後から気が付いても入れられなかった。。。

bear_minitape3.jpg
タンスと壁の飾り。
たんすには貼らなくてもいい接着芯を貼ってしまい後で困りました  
(作り方は良く読みましょう)。リースはベルベットのリボンをぐし縫い
して輪っかに、ヒイラギとツリーはスパンコールです。

bear_minitape4.jpg
窓部分
ガラスにはオーガンジーを掛けて雰囲気を出してます。
カーテンのタッセルはブレード、窓枠の飾り付けのリボンにちょっぴり苦戦。
靴下もぶら下げている感を出すのに刺しゅう糸を金ビーズに引っかけて
それらしさを出す凝りようです。

bear_minitape6.jpg
ツリーとプレゼント部分
ここも凝っていることは凝っているのですが他の部分にくらべると
まだ普通なレベル。

 こうやって見てみるとまだ結構このころは一つずつたてまつりの
アップリケをしていて作るの大変だったんだな。
でもこのタペストリーは可愛かったので買ってすぐに作った記憶があります。
今年は飾っていませんが去年は飾りました。
昔の積キットも作らなくちゃ!


ブログランキング・にほんブログ村へありがとうございました



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»