万年筆を使うために買ったもの

 万年筆好きが興じてここ一年で安いのから高いものまで
15本前後の万年筆が集まりました。
いろいろインクを変えて楽しんでいるのですが、これだけもっているのに
使い先といえばポスクロのはがきを出すときと、小遣い帳をつけるとき、
プチ日記を書くときと、万年筆さん達の出番がありません。
使いたいんですよ、万年筆。
そのときに文房具のムック本で見かけてこんな本を買いました。

nazorigaki1.jpg
 『なぞり書きで楽しむ文豪の名作』
その名のとおり文豪の名作をなぞって書いて楽しもうというものです。
私、英文科卒ですが近代日本文学大好きなので飛びついてしまいました。
 太宰治や谷崎潤一郎、梶井基次郎といったメジャーどころだけではなく
新感覚派の横光利一や無頼派で若くして夭逝した私が大好きな織田作之助の
作品なんかも載っていてワクワクです。

nazorigaki2.jpg
 中身はこんな感じです。
薄いグレーの文字をなぞります。
お話を楽しむために黒字の文章や書くときのポイントも載っています。

 このシリーズ、あとは「女流作家」「夏目漱石」「方丈記」とあるのですが
結局全部買ってしまいましたよ。あと別な出版社から出ていた『えんぴつで
なぞる徒然草』というのも買ってしまいました。
「文豪の名作」はなんか始めるのがもったいなくて『方丈記』から始めました。
なぞるだけとはいっても結構集中力を要するので2ページも書くと疲れます。
ゆっくりやります。

 あとこんなものも買ってみました。
otegami1.jpg
 谷口文栄堂さんで購入した「いろいろお手紙セット」。
1野口英世で3野口分入っているという福袋的なものです。

otegami2.jpg
 中には便箋・封筒から一筆箋やメモ帳などいろいろ和風の可愛い絵柄の
ものが入っていてちょっとお得感。
これを使って懐かしい人に手紙でも書いてみましょうかね。

 ネットなんかを見ているとまだまだ欲しい万年筆がいっぱいあります。
今度プラチナ万年筆さんから出る「富士旬景」シリーズ第一弾「春暁」も
予約しちゃったし。
万年筆のトレイも欲しいなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチっとしていただけると励みになりますありがとうございました



コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»