ある医師の死

 久々に自分の病気に関係あるブログを見ていたらその道では有名なお医者様がお亡くなりに
なっていたことを知った。
自分の病気を気にすると限りなく落ち込みそうなので最近は同じ病気関係のサイトなどを
見ることはなかったのでお亡くなりなったのを今日まで知らなかった。
 自分にとある病気があることを知ったのは去年の9月初旬。「一体私はどうなってしまうのだろう?」と
いろいろなことに思いを巡らせたあげく、セカンドオピニオンを受けてみようかとも思った医師だった。
友人のつてはあったがそれでも直接その医師宛の紹介状がないと診てもらえないということと、
いま私が通っている病院もその道では日本一の病院ということなので結局セカンドオピニオンを
受けることはなかった。
 2月の半ばに48歳という若さで亡くなられたらしい。その病気の分野では「日本の名医」と
いわれる方だったのでこれからのその病気の治療の進歩にも痛手であろうし、
彼の治療を待ちわびる患者の方にとってもその衝撃は大きなものであろう。
医師へのご冥福を心よりお祈りします。



コメントの投稿

Private :

日記ジャンルからきました。私の前に記事がありましたので・・・ホンと病気はつらいですね!私は過去のことですが10年に1度手術を受けていたものです。それで10年に1度長期休暇と思うことにしたりして・・

きょう、ふーこは心に進歩する?
  • 2006-05-03(12:18)
  • BlogPetのラフィエル URL
  • 編集

はとこさん
私はいま経過観察中なのでこれ以上悪くならないといいなと思っています。
どんなものでも病気はイヤなものです。
  • 2006-05-03(17:03)
  • ふーこ URL
  • 編集
«前の記事 | ホーム | 次の記事»