エマ

 『エマ』が7巻で完結しました。もう一波乱くらいあるかと思いましたが
いい感じで終わってくれたのでほぼ満足。
 舞台はヴィクトリア朝のイギリス。上流階級の青年(貴族ではない)と彼の元家庭教師宅で
働くメイドとの恋物語です。このメイドが主人公の「エマ」なのですがこのメイドさんは
武器を持って戦ったりはしません(笑)。唯一戦ったものは階級の「壁」でしょうか。
 私が読むには珍しい純愛モノですが結構真剣に読んでました。昨日は病院からの帰り道に
読み終わってから、家に着いたあと1巻~7巻まで再度一気読み(バカ)。
あげくのはてに今日はアニメまで見ていました(作業しながら)。作品としては
とっても地味~な感じがしますが、その静かさというか雰囲気がとても良い作品でした。

emma.jpg




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»